講習会(連続講座)

実務に不可欠な最新情報を学ぶ木造建築の「防火と温熱環境」講習会


当会はこれまでに、「限界耐力計算法」や現存する伝統木造住宅を題材 にした「許容応力度計算法」など、木造の構造計算に関わる講習会を複数回、主催してきました。これらの講習会に参加し、そこで得た知識を活用されている方も多いかと思います。しかし、構造計算を学ぶだけでは木造建築の実務において不十分であることは言うまでもありません。
「防火」に関する近年の研究により、準防火地域における木造建築の延焼の恐れのある部分の軒裏を化粧にすることが可能になりました。内装制限はもとより、防火規制の厳しい都市部においては、屋根や軒裏、外壁等の防火に関する知識は実務上不可欠であり、昨今では、5階建ての大規模木造も建設されています。
時代の要請といえる建築物の省エネに関しては、「温熱環境」の知見は避けて通ることができず、改正省エネ法は様々な物議を呼んでいます。さらに、自然エネルギーの利用やエコ住宅についての関心も高まりつつあります。
そこで当会では、木造建築の「防火」と「温熱環境」の最新情報を学ぶ連続6回の講習会を企画いたしました。二人の講師をお招きした講座では、基礎知識の習得からスタートし、それぞれの最新情報の解説、実例の紹介など、実務に直結する知識を得ることができます。
ぜひ、この機会に講習会にご参加いただき、構造計算以外におけるスキルアップを図ろうではありませんか。

会場:中央工学校
日程:2月開講以降、月1回、午後1時~5時、
6回連続講座
第1回 2014年2月22日(土)
第2回 2014年3月21日(金・祝)
第3回 2014年4月12日(土)
以上、「防火」講習
第4回 2014年5月31日(土)
第5回 2014年6月28日(土)
第6回 2014年7月26日(土)
以上、「温熱環境」講習
詳しい講習内容はPDFをごらんください。
講師:「防火」担当 安井昇(桜設計集団代表・工学博士)
「温熱環境」担当 山田貴宏(ビオフォルム環境デザイン室代表)
募集人数:50名程度(会員・非会員の受講者を含め)

参加希望者は下記掲載のリーフレットの申し込み欄に記入の上FAXにて伝統木構造の会事務局まで。
26年度講習会チラシをダウンロード

第2回土壁再生シリーズ公開研究会のご案内


関西木造住文化研究会 土壁研究チーム 武田眞理子さんから

研究会の案内が来ましたので、掲載いたします。

 

第2回土壁再生シリーズ公開研究会のご案内

主催:関西木造住文化研究会(略称 KARTH:カース))
日時:平成24年7月29日(日)
会場;京都市、西陣ヒコバエノ家

詳しい内容は添付の.pdfファイルを参照ください。

Tuchikabesaisei2をダウンロード

実務で使える木構造計算講習会──重要文化財「高木家」の解析を通じて──


実務で使える木構造計算講習会は受付を閉め切りました

 

連続6回講習会のご案内です。

『実務で使える木構造計算講習会

──重要文化財「高木家」の解析を通じて──』

こちらは芸術文化振興基金助成事業です。

 

現存している伝統木造建築物の構造解析を試み、

その構造計算書を読みながら計算手順や方法を現物に即して学べる講習会を企画しました。

めったにないテーマの講習会です。奮ってご参加ください。

 

会場:工学院大学新宿校舎(新宿駅西口から徒歩10分程度)

日時:①7/29(日)、②8/25(土)、③9/22(土)、④10/20(土)、⑤11/17(土)、⑥12/22(土)

毎回午後1時〜5時50分(詳しくはpdfをごらんください)。

講師: 増田一眞(増田建築構造事務所・本会会長)

募集人数:40名程度(会員・非会員の受講者を含め)

 

参加希望者は下記掲載のリーフレットの申し込み欄に記入の上

FAXにて伝統木構造の会事務局まで。

Takagike_jitumuをダウンロード

実務で使える木構造計算講習会 ──重要文化財「高木家」の解析を通じて──


(予告)
日程:7月開講(予定)以降、月1回、6回連続講座
会場:未定
講師: 増田一眞(増田建築構造事務所・伝統木構造の会会長)
募集人数: 40名程度(会員・非会員)
※ 参加費や申込み方法等、詳しくは後日お知らせします。

Jitumu_7gatuをダウンロード

講習会「伝統を語るまえに・・・・知っておきたい日本の木造建築工法の展開」のご案内


伝統木構造の会では、これまでも木構造に関わる連続講習会を開催し、この程架構学講座が終了しました。続く新規講座として、下山眞司先生を講師にお迎えします。

建物づくりの姿は、地域の環境で異なります。
その環境で暮すなかで、長い年月をかけ、
その地に暮す人びとによって
その地域の環境に適応する建物づくりが考えられてきました。
日本の場合の 
環境に適応する建物づくりがどのようなものだったか、
見てみたいと思います。(下山先生談)

木造建築の実例を通し、その清新で溌剌としたつくり手の心を学んで参ります。先生のご厚意により、この度東京での開催が実現しました。長引く不況等、建築に携わる者にとり困難な時でありますが、このような時こそ、心と技を磨く絶好の機会であります。会員・非会員に限らず、より多くの皆様の参加をお待ち申し上げます。

日程・内容 (6回の連続講義です。時間はいずれも15:00〜18:00)
第一回平成22年4月18日(日) はじめに 日本の環境の特徴
第二回       5月16日(日) 日本の木造軸組工法の典型-1、古代の典型:その考え方、
中世の典型1:その考え方
第三回       6月20日(日) 日本の木造軸組工法の典型-2、中世の典型2:その考え方
第四回       7月18日(日) 日本の木造軸組工法の典型-3、近世の典型1:書院造・その考え方、
近世の典型2:武士の住居・その考え方
第五回       8月22日(日) 日本の木造軸組工法の典型-4、近世の典型3:農民、商人の住居・その考え方
まとめ:日本の建物づくりの考え方・・・・それは現場で培われた 
第六回       9月19日(日)(仮) 近代化と現在:建築基準法の規定する木造工法
(在来工法)の生まれた経緯

会場 東京芸術大学美術学部中央棟2階第3講義室

講師 下山眞司(筑波建築設計代表・筑波大学名誉教授)

募集人数 60名程度

参加費
会員 18,000円、 非会員 21,000円、 学生 12,000円

お問い合わせ・お申し込み
特定非営利法人伝統木構造の会事務局
東京都渋谷区代々木2-36-6 TEL:03-3370-8528 FAX:03-3375-8447

受講申込は添付のPDFの用紙をお使いください。
まだ若干の空席がございます。お申し込みはお早めに!

 

講習会「伝統を語るまえに・・・・知っておきたい日本の木造建築工法の展開」のご案内をダウンロード

ちからとかたちを考える<架構学>講座 受講者募集のご案内


「架構学講座」は、素材の特性や力と形の関係を知り、仕口や継手のメカニズムと加工・組立の工法を学ぶことを主な内容として、平成19年9月末に開講しました。今年の7月25日の時点で第36講目が終了予定、約30名の会員が継続的に受講されています。そして、8月からは最終第4期講座が始まろうとしています。

架構学講座は、資料編と展望編の2部構成とされて、第4期講座の資料編においては、混用系構法がテーマとなります。そして展望編は、耐震住宅や耐震補強をテーマとしたタイムリーな内容になります。

ここに、伝統木構造の普及のためには、相応の耐震設計法や補強法を確立し、社会的な要請に応える必要があります。この機会にその方法を習得し、実務に結び付けられることを期して、第4期講座へのご参加をお誘い申し上げます。

 

・講座内容(予定)

20090505.pdfをダウンロード

 

・申し込み用紙

20090506.pdfをダウンロード

■日程:毎月第2、第4土曜日に開講 時間は午後2:00~5:00

■内容:第4期の講座内容(予定)について、詳しくはpdfをご参照ください。

■会場:東京製図専門学校15号館2階

■講師: 増田一眞(増田建築構造事務所・本会会長)

■募集人数: 30名程度(会員限定・非会員の方は入会手続きが必要です)
■参加費 :(半年12回分一括) 会員24,000円(2,000円/回)学生12,000円(1,000円/回)

 1回のみの試し受講も受付けています。詳しくは、事務局までお問い合わせください。
申し込み方法:下添の申込用紙にご記入の上、随時FAX03-3375-8447にて、お申し込み下さい。

■お問い合わせ

特定非営利活動法人 伝統木構造の会事務局
東京都渋谷区代々木2-36-6
TEL:03-3370-8528 FAX:03-3375-8447

これ木連の勉強会のお知らせ


これ木連(これからの木造住宅を考える連絡会)は
このたび、「伝統構法」に関し共通認識を持つことを目的に、
連続研 修会を企画いたしました。
第1回を以下のとおり開催いたします。
どうぞご参加く ださい。

【日時】2月28日(土)13:30-16:30(開場13:00)
【会場】千代田区万世橋区民会館
    秋葉原駅徒歩2分 東京都千代田区外神田1-1-11
    http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00065/d0006589.html
【講師】河合直人氏
    独立行政法人建築研究所 構造研究グループ 上席研究員
    司会進行 宮越喜彦氏(木住研)
【内容】伝統構法のとらえ方、実大実験の中間報告など
【定員】70名(申込順、定員になり次第締切)
【申込】日本民家再生リサイクル協会(info@minka.jp、ファクス03-5216-3542)
    宛、参加者1名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレスを
    明記のうえ、2月23日(月)までにお申し込みください。
【連絡先】日本民家再生リサイクル協会 担当:金井
    電話03-5216-3541 携帯090-7735-1460

※今後の予定
3月 公開フォーラム
4月 住宅瑕疵担保履行法について
以下、毎月開催予定。

koremoku_benkyou_09.pdfをダウンロード

■『建築史講座』-何のために建築史を学ぶのか-のご案内


《伝統木構造の会 主催行事》
『建築史講座』-何のために建築史を学ぶのか-

※掲載情報の赤文字箇所を訂正しました。2008.10.15
 (開始時間にお気を付けください。午後6:30~9:00)


講師:後藤治(工学院大学教授、本会顧問)
平成20年10月開講、毎月1回、連続5回講座

 伝統木構造の会では、これまでに、限界耐力計算法などの木構造に関わる連続講習会を開催し、現在は架構学講座が進行中です。構造の理解を深めずに、丈夫で美しい木造建築はできないからですが、質の高い木造建築を実現するには、これ以外にも様々な知識や感性をも身に付ける必要があります。そこで今年度から、会員の総合的なスキルアップに寄与すべく、構造以外の連続講座も企画することといたしました。
 その第1弾となるのが、本会顧問の後藤治さんを講師にお招きして開催する「建築史講座」です。講座の前半は、下記内容の建築史になりますが、サブタイトルにあるように、知識的な解説に止まらずに、歴史から学んだことをどう今日に生かすのかといった、建築史の枠を超えた実践的な講義になると思われます。また、後半の町並みや民家の再生においては、実例を挙げながら、どう取り組んだらよいのか、修復の際の注意点などを具体的かつ現実的に解説していただく予定です。この機会に、より多くの皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

 

□日程・内容 時間はいずれも午後6:30~9:00
 1回目    平成20年10月17日(金)木材からみた建築史
 2回目               11月14日(金)木造架構の変遷-1
 3回目               12月19日(金)木造架構の変遷-2
 4回目    平成21年 1月23日(金)町並みの再生
 5回目                2月13日(金)伝統民家の再生

□会場 工学院大学新宿校舎(新宿駅西口より徒歩5分)

□講師 後藤治(工学院大学工学部建築都市デザイン学科教授)

□募集人数 60名程度

□参加費 5回連続受講の場合
     会員12,500円  非会員15,000円  学生7,500円
     1回のみ受講の場合
     会員3,000円/回 非会員3,500円/回 学生2,000円/回

□お問い合わせ・お申し込み
 特定非営利活動法人伝統木構造の会事務局
 東京都渋谷区代々木2-36-6
 TEL:03-3370-8528
 FAX:03-3375-8447

■受講申込は添付のpdfの用紙をお使いください。
 まだ若干の空席があります。お申し込みはお早めに!

 『建築史講座』-何のために建築史を学ぶのか
  申し込み用紙 -PDF
081017kenchikushi-kouza.pdfをダウンロード

■ちからとかたちを考える<架構学>講座 再募集のご案内


 「架構学講座」は、素材の特性や力と形の関係を知り、仕口や継手のメカニズムと加工・組立の工法を学ぶことを主な内容として、昨年9月末に開講しました。7月26日の時点で第20 講目が終了し、約40名の会員が継続的に受講されています。そして、11月からは第3期講座が始まろうとしています。

 この架構学講座は、増田会長の並々ならぬ決意のもとにスタートしました。会長曰く、自分の知見の全てを伝えたい。手元にある全ての資料を提供する。同じ内容の講座は二度とできない。さらに、ここから先の講座は1回完結の内容でまとめていくので、連続講座途中からの参加でも大きな支障はない。と述べています。

 本会としては、連続講座途中からの新規参加者の便宜のため、希望者には過去の講座での配布資料および講座内容を記録したDVD ビデオを有償にて配布する準備も整えました。そして、再び会員の方にこの講座への参加を呼びかけることといたしました。どうぞ、またと無いこの講座にご参加いただき、ご自身のスキルアップにお役立てください。講座スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

 

■日程 毎月第2、第4 土曜日に開講 時間は午後2:00~5:00

■内容 これからの講座内容(予定)については、申し込み用紙PDFに添付の予定表をご参照ください。また、過去の講座内容については、講座会場の受付にて閲覧できます。

 詳細・申し込み用紙はこちら
080919kakougaku.pdfをダウンロード

■会場 東京製図専門学校15 号館2 階
 東京都新宿区百人町1-16-26
(アクセス)JR総武線 大久保駅南口前
      JR山手線 新大久保駅から徒歩3分

■講師 増田一眞(増田建築構造事務所・伝統木構造の会会長)

■募集人数 30 名程度(会員限定)
■参加費   (半年12 回分一括)
       会員24,000 円(2,000 円/回)
       学生12,000 円(1,000 円/回)
 2期目途中からの受講を希望される方は、上記、円/回にて清算いたします。また、1回のみの試し受講も受付けています。詳しくは、お問い合わせください。

 

 

■申し込み方法
 下添の申込用紙にご記入の上、
 FAX03- 3375- 8447
 まで、お申し込み下さい。(随時受け付けています。)

 詳細・申し込み用紙はこちら
080919kakougaku.pdfをダウンロード

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 伝統木構造の会事務局
東京都渋谷区代々木2-36-6
TEL:03-3370-8528 FAX:03-3375-8447

やさしく学ぶ「伝統木構法・限界耐力計算法」鳥取講習会


当講座は修了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
また、次回の開催をお待ち下さい。

仕様規定から性能規定へと移行した平成12 年の法改正により、建築基準法に
導入された「限界耐力計算法」は、壁量計算や金物使用という硬直な扱いで
縛られていた伝統木構造に、唯一合法的な道を拓いた計算法として評価され
ます。
これを踏まえて実践的に学べる連続5回の講習会を鳥取県倉吉市で企画いた
しました。
構造設計者はもちろん、木造の設計に関わる意匠設計者・現場監督・大工の
皆様も奮ってご参加下さい。

受講をご希望の方は申込用紙に必要事項をご記入の上、
平成20年12月25日までに
FAX 0858-22-5075
まで、お申し込み下さい。
お問い合わせ:特定非営利活動法人伝統木構造の会鳥取事務局
鳥取県倉吉市湊町283
TEL:0858-22-5070 FAX:0858-22-5075
申込用紙はこちら。genkai_kozokousyuTotori2008_1.pdfをダウンロード

《概要》
  日程:(5回の連続集中講義です。一講座3時間CPD対象講座)
     1-2)平成20年1月20日(日)午前9時〜午後4時
                2講座初回のみ午前・午後講義します。
      3)2月16日(土)午後2時〜午後5時1講座
      4)2月23日(土)午後2時〜午後5時1講座
      5)3月 8日(土)午後2時〜午後5時1講座
  会場:新日本海新聞社中部本社2Fホール
       倉吉市上井町1丁目156
     (倉吉体育文化会館前倉吉駅より徒歩10分)
  講師:玉腰徹(司構造計画)NPO法人伝統木構造の会専任講師
募集人数:40名程度
 参加費:(連続講義5回分一括)会員19,500円(テキストA・B含む)
     (テキストB所持の方15,000円)
     一般22,000円(テキストA・B含む)(テキストB所持の方15,000円)

(さらに…)