講習会(連続講座)

「木の建築塾2018」のご案内


木の建築塾2018
~これからの時代を切り拓く木造設計手法~

 「木の建築塾」は、「木造技術の再確認と再評価」をテーマに活動を行うものの集まりで、2000年10月に発足しました。

 日本において古くから木造建築に使用されている伝統的な材料・技術・構法に注目して、それに精通している設計者・施工者・研究者等を講師に招き、 講義を受けたあと、講師を交えて出席者全員で討論を行います。この講義・討論を通して出席者全員で学びながら、伝統的な材料・技術・構法の現代的役割や将来の可能性等について認識を高めていく場としたいと思います。

 設計者・施工者といった実務に携わる人や、これから木造を学ぶ学生たちが気楽に参加し、それぞれの立場から自由な意見を交換し合う場にできればと考えています。

会 場:galleryIHA (Itsuko Hasegawa Ateller)
     東京都文京区湯島1-9-7
     JR御茶ノ水駅東口から徒歩4分

時 間:18-21時

定 員:20名(先着順)

受講料:全回受講 15,000円(1回受講 3,000円/回)

申込み:ご氏名・連絡先(電話番号/メールアドレス等)を添えて、事務局宛にお申し込みください

連絡先:木の建築塾 事務局 岡部知子
      FAX 042-977-2491
      E-mail tankoro☆japan.email.ne.jp
      ※ ☆を@に替えてメールを送信ください

第1回 2018/9/21(金)
    松本昌義 「架構の仕組みと間取りの関係」

第2回 2018/10/19(金)
    日高保 「素材と向き合い人がつながる建築」

第3回 2018/11/16(金)
    林美樹・都倉孝治 「職人・大工と共に考える空間づくり」

第4回 2018/12/21(金)
    山田貴宏 「パーマカルチャーに学ぶ環境共生&省エネ建築」

第5回 2019/1/18(金)
    越智隆浩 「構造設計から考える空間づくり」

第6回 2019/2/22(金)
    高橋昌巳 「省エネ時代の伝統木造建築のつくり方」

案内チラシはこちら:
木の建築塾2018

実務に不可欠な最新情報を学ぶ木造建築の「防火と温熱環境」講習会


当会はこれまでに、「限界耐力計算法」や現存する伝統木造住宅を題材 にした「許容応力度計算法」など、木造の構造計算に関わる講習会を複数回、主催してきました。これらの講習会に参加し、そこで得た知識を活用されている方も多いかと思います。しかし、構造計算を学ぶだけでは木造建築の実務において不十分であることは言うまでもありません。
「防火」に関する近年の研究により、準防火地域における木造建築の延焼の恐れのある部分の軒裏を化粧にすることが可能になりました。内装制限はもとより、防火規制の厳しい都市部においては、屋根や軒裏、外壁等の防火に関する知識は実務上不可欠であり、昨今では、5階建ての大規模木造も建設されています。
時代の要請といえる建築物の省エネに関しては、「温熱環境」の知見は避けて通ることができず、改正省エネ法は様々な物議を呼んでいます。さらに、自然エネルギーの利用やエコ住宅についての関心も高まりつつあります。
そこで当会では、木造建築の「防火」と「温熱環境」の最新情報を学ぶ連続6回の講習会を企画いたしました。二人の講師をお招きした講座では、基礎知識の習得からスタートし、それぞれの最新情報の解説、実例の紹介など、実務に直結する知識を得ることができます。
ぜひ、この機会に講習会にご参加いただき、構造計算以外におけるスキルアップを図ろうではありませんか。

会場:中央工学校
日程:2月開講以降、月1回、午後1時~5時、
6回連続講座
第1回 2014年2月22日(土)
第2回 2014年3月21日(金・祝)
第3回 2014年4月12日(土)
以上、「防火」講習
第4回 2014年5月31日(土)
第5回 2014年6月28日(土)
第6回 2014年7月26日(土)
以上、「温熱環境」講習
詳しい講習内容はPDFをごらんください。
講師:「防火」担当 安井昇(桜設計集団代表・工学博士)
「温熱環境」担当 山田貴宏(ビオフォルム環境デザイン室代表)
募集人数:50名程度(会員・非会員の受講者を含め)

参加希望者は下記掲載のリーフレットの申し込み欄に記入の上FAXにて伝統木構造の会事務局まで。
26年度講習会チラシをダウンロード

第2回土壁再生シリーズ公開研究会のご案内


関西木造住文化研究会 土壁研究チーム 武田眞理子さんから

研究会の案内が来ましたので、掲載いたします。

 

第2回土壁再生シリーズ公開研究会のご案内

主催:関西木造住文化研究会(略称 KARTH:カース))
日時:平成24年7月29日(日)
会場;京都市、西陣ヒコバエノ家

詳しい内容は添付の.pdfファイルを参照ください。

Tuchikabesaisei2をダウンロード

実務で使える木構造計算講習会──重要文化財「高木家」の解析を通じて──


実務で使える木構造計算講習会は受付を閉め切りました

 

連続6回講習会のご案内です。

『実務で使える木構造計算講習会

──重要文化財「高木家」の解析を通じて──』

こちらは芸術文化振興基金助成事業です。

 

現存している伝統木造建築物の構造解析を試み、

その構造計算書を読みながら計算手順や方法を現物に即して学べる講習会を企画しました。

めったにないテーマの講習会です。奮ってご参加ください。

 

会場:工学院大学新宿校舎(新宿駅西口から徒歩10分程度)

日時:①7/29(日)、②8/25(土)、③9/22(土)、④10/20(土)、⑤11/17(土)、⑥12/22(土)

毎回午後1時〜5時50分(詳しくはpdfをごらんください)。

講師: 増田一眞(増田建築構造事務所・本会会長)

募集人数:40名程度(会員・非会員の受講者を含め)

 

参加希望者は下記掲載のリーフレットの申し込み欄に記入の上

FAXにて伝統木構造の会事務局まで。

Takagike_jitumuをダウンロード

実務で使える木構造計算講習会 ──重要文化財「高木家」の解析を通じて──


(予告)
日程:7月開講(予定)以降、月1回、6回連続講座
会場:未定
講師: 増田一眞(増田建築構造事務所・伝統木構造の会会長)
募集人数: 40名程度(会員・非会員)
※ 参加費や申込み方法等、詳しくは後日お知らせします。

Jitumu_7gatuをダウンロード