見学会・講演会

公開講演会「神社建築と神道文化」のご案内


一般財団法人神道文化会 公開講演会

講演I:「神社建築の特徴と変化」 講師:山田岳晴氏(青山学院女子短期大学)
講演II:「神社建築の現代」 講師:松島義知氏(日本建築工藝設計事務所)

日時:平成26年6月14日(土) 午后1時~3時40分
場所:國學院大學渋谷キャンパス 120周年記念2号館2202教室(東京都渋谷区東4-10-28)

定員:150人(先着順)
参加費:500円(資料代)

参加申込・問合せ
主催:一般財団法人神道文化会(東京都渋谷区代々木1-1-2神社本庁内)
電話:03-3379-8281 FAX:03-5358-3491
Email : info@s-bunka.com

詳しくはこちらをご覧ください > 「神社建築と神道文化」講演会のチラシ(PDF)

見学会のご案内


  • 日時:平成26年2月8日(土)、9日(日)10:00~16:00
  • 場所:安曇野市穂高有明
  • 概要:平屋建て、石場建て、合わせ梁、土壁しっくい仕上げ
  • 設計施工:小坂建設(株)代表 小坂浩一(E-mail:kosaka@cocoa.plala.or.jp)
  • 大工:小坂岳史(「信州職人学校」卒、「信州伝統大工一級」)


長野県安曇野で、伝統構法による石場建ての家が完成しました。
壁は、葦竹で編んだ土壁の家です。
長野県産のヒノキ、カラマツを使い、礎石は、地元、安曇野の河原の石の上に柱を建て、通し貫と渡りあごで組んだ住宅です。
作り手は、小坂岳史大工(信州職人学校卒、信州伝統大工)による伝統構法の家です。
ぜひ、見学会にお越しください。
小坂建設株式会社 小坂 浩一(正会員)

秋山恒夫さんからの補足情報

見学会を主催される小坂浩一さんは、一昨年東京で行った増田一眞会長の『実務で使える木構造計算講習会─重要文化財「高木家」の解析を通じて』にも毎回来られ、盛んに質疑を浴びせられていた非常に熱心な若手勉強家です(会員、設計、松代町で「小坂建設(株)」を経営)。
今回の建物は小ぶりながら、「石場建て」「合成梁」「土壁」など、これまでの勉強成果を随所に盛り込んだなかなか見応えある建物のようです。
工事を担当した大工は、「信州職人学校」OBで、最近独立された小坂岳史さん(同じ姓ながら別人物、「信州伝統大工1級」を取得)。
この小坂岳史さんの方は、我々が昨年春、陸前高田市の広田半島に建てた「広田仮設談話室」の建設(気仙応援プロジェクト)にも、車を飛ばして応援に来てくれました。
技量ある二人のコラボで、なかなか面白い仕事が見れるのではと思います。設計の小坂浩一さんや、工事を担った大工の小坂岳史さん、構造チェックを行った立命館大学助教の向坊恭介さんなど、このように、伝統構法に挑む若手が出てくることは大変頼もしい限りです。
遠方ですが、ご関心ある方はぜひご見学ください。

石場建て家完成見学会の案内をダウンロード

研究集会および見学会のご案内


「稲荷山のこれまでとこれからに学ぶ地域づくり」
<絹物語・地域間交流から地域づくりを考える?PartⅣ>
日程:平成25年 9月28日(土)29(日)
場所:長野県千曲市稲荷山公民館
見学会:姨捨棚田(田毎の月)他
主催:NPO法人 街・建築文化再生集団

申込書はこちら:20130928sankamoushikomiをダウンロード

案内リーフレットはこちら:20130928kenkyuannaiをダウンロード

ルート案内はこちら:Courseをダウンロード

地域の文化遺産を守り活かすシリーズ勉強会のご案内


第4回「町並み保存のもたらしたもの」
日時:平成25年10月8日
会場:西陣ヒコバエノ家(京都)
講師:上野邦一先生(奈良女子大学古代学学術
研究センター、KARTH奈良会員)
主催:関西木造住文化研究会(略称KARTH)

KARTH20131008をダウンロード

重要文化財「旧一条恵観山荘」特別公開のご案内


日時:2013年10月18日(金)、19日(土)

場所:鎌倉市

参加費:3,500円

主催者:財団法人茶道宗徧流不審庵

不審庵が管理している、重要文化財「旧一条恵観山荘」の特別公開のご案内です。

現在非公開となっておりますので、有料で人数も限られておりますが、この機会を是非ご利用ください。

申込の際には「伝統木構造の会」の関係であることを申し添えてください。

会員外でもお申込みいただけますが、桂離宮に準ずる建物であり、

お庭も含めて大切に管理されておりますのでお子様のご同行は避けられた方がよろしいかと存じます。

Kyuichijokeikanzan_koukaiをダウンロード

新伝統構法の家 構造見学会のご案内


東京都江戸川区に新伝統構法の家が建ちました。

信州の人工林桧小径木を使い、通し貫と渡りあごを主体に組んでいます。

現場は建て方が終わり構造の見学が出来る状況です。
3月10日(土)に構造見学会を行います。

平成24年3月10日(土)13:00〜16:00
※14:00〜15:00 構造解説を行います。

詳細はpdfをご覧下さい。

申込先:
伝統木構造の会信州事務局
長野県塩尻市宗賀3636-4((有)三浦創建内)
TEL:0263-52-6117 FAX:0263-53-4811 E-mail:yasuo-m@mub.biglobe.ne.jp
HP:http://www.miurasouken.jp/
当日携帯電話 090-8014-5883(三浦)
興味のある方ぜひご参加お待ちしております。

Edogawa kengaku_3_10をダウンロード

八郷の「木の家」(古民家を残した増築)工事見学会


八郷( 茨城県石岡市柿岡)に

八溝(茨城、栃木、福島にまたがる地方)の杉を使い伝木伝統木構造で住宅を建てています。


下記の通り見学会を行いますので興味のある方お越し下さい。


日  時: 平成24年3月18日(日)
14:00〜15:30
集合場所: 石岡駅前 13:30


問い合わせ、申し込み テイクワン建設 武川/携帯090-3104-2685

Kakioka kenfakukaiをダウンロード

木組みパネル加力実験のご案内


先月の3月7日、8日に東洋大学で行われた実大加力実験の結果報告会が行われます。教授のご好意により、どなたでも参加可能です。ご興味のある方は当日、現地にお越しください。

 

日時: 平成23年4月7日(木) 午後1時~

場所: 東洋大学 川越キャンパス

松野光一研究室

 

白根工務店

白根伸浩

 

■「秩父の山の木で建てる伝統構法の家」完成見学会のお知らせ


「秩父木組みの家プロジェクト」は、

①秩父の山の木でつくる
②伝統構法を範としてつくる
③秩父の職人の手でつくる

を家づくりの基本的な姿勢として取り組んできました。

2008年11月の新月伐採から、2年間の工程を経て無事、完成見学会を開催する運びとなりました。

当日は、構造の監修をお願いした特定非営利活動法人伝統木構造の会会長の増田一眞氏に「伝統木構造の普及にむけて」と題してお話ししていただく予定です。

多数のご参加をお待ち申し上げます。

 

開催日時:平成22年10月31日(日)
15:00~17:00

14:00 受付開始
15:00~17:00 解説・交流会
17:00 見学終了後、懇親会会場に移動

 会場住所:埼玉県秩父市上野町18-3
西武秩父線:「西武秩父駅」下車  徒歩7分

概要
設計:鈴木久子建築設計室 
施工:山中工務店
構造監修:(株)増田建築構造事務所 増田一眞
立体解析:(株)イエサブユナイテッド 槙田 敦

参加費 無料(資料代 ¥300-) 
懇親会 3、000円

主催
特定非営利活動法人 伝統木構造の会 住宅研究会

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-36-6
電話 03-3370-8528

詳細とお申し込み
下記PDFをダウンロードして、プリントアウトした後
03-5834-8605にFAXし てください。

101031denmoku_kengakuをダウンロード

「秩父の山の木で建てる伝統構法の家」建方見学会&研修セミナー


「秩父の山の木で建てる伝統構法の家」建方見学会&研修セミナー

〈日本の森林と伝統建築文化の危機を考える〉

開催日時:平成22年4月24日(土)

集合場所 午前1050 西武池袋線「西武秩父駅」改札口

集合

主催:本会・住宅研究会

参加申込書 ■参加費500円 (保険料込) ■資料代500円(希望者のみ)

参加申込み締切り:平成22年4月15日(木)

○Y邸プロジェクト建て方現場見学会(約1時間) 見学

○ 研修セミナー「日本の森林と伝統建築文化の危機を考える」

「秩父地域地場産業振興センター5階研修室」

  お申込みは fax 03-5834-8605 

担当:鈴木まで

  ※先着順となります ※雨天決行

WEB用4.24秩父をダウンロード

22.3.23