地域事務局

第1回地域懇談会 in 久留米 ≪11月10日≫


『伝統木構造の会』×『削ろう会』×『伝統を未来につなげる会』
 勝手にコラボ企画!

平成30年8月26日に開催された年次総会にて、増田一眞氏から海老崎粂次氏へ会長の交代が行われました。会員の皆様へはまだ詳しい情報が届いていない状況です。そこでこの機会に地域の会員との交流の場を設け、新会長の人柄を広く知っていただき、新たな会がどうあるべきか会員みんなで考えたいと思います。

第1回目の地域懇談会として、11月10日、11日に開催される「全国削ろう会久留米大会」の日程に合わせて九州の久留米にて開催いたします。

日時 平成30年11月10日(土)

場所 全国削ろう会久留米大会会場
    福岡県立久留米総合スポーツセンター 体育館メインアリーナ
    (福岡県久留米市東櫛原町170-1)

※14:00に「伝統を未来につなげる会」ブース前に集合

『海老崎棟梁とめぐる削ろう会』 午後2時頃~
海老崎棟梁は削ろう会の世話役を長年務めており、鉋薄削り競技会のルールや大会の見どころを紹介いただきながら、削ろう会会場を見てまわります。立ち寄る先々で、薄削り名人や顔見知りの道具屋の話が聞けるかもしれません。

■ 懇親会 ■

日時 11月10日(土)18:00~

場所 「料亭 魚よし」 久留米市日吉町25−2

予算 4,500円 (飲み放題)

※「伝統木構造の会」&「伝統を未来につなげる会」の合同懇親会です。「削ろう会」の懇親会とは別の企画なのでご注意ください。

※懇親会への参加希望者は下記へご連絡ください

伝統木構造の会 九州地域会 橋本洋一 TEL 090-1518-1303

または、地域懇談会 企画担当 田中美喜子 TEL 080-1195-6106

信州事務局発国交省助成金事業の成果発表の開催のおしらせ


信州事務局からのお知らせです。
国交省助成金事業の成果発表を3月8日(日)に行います。

当日は、2つのフレームの展示と、成果発表会を別紙案内のとうり開催致します。
今回企画では、長野県産材の有効利用に関する開発・販売促進企画事業に取り組み、
これまでに無い新しいフレームの開発を行い、実用化に向けて進めています。
今回は、実験用供試体の作成と販促ツールの作成に取り組みました。

フレームは間伐材モデルと小径木モデルの2タイプで、いずれも今回はフレームのみの製作となりました。
床・壁はオプションとして、同時開発しています。

2タイプ共に商品化に向けて取り組んでいます。
フレームの実験も2回行い、この結果もあわせて報告する予定です。

開催日時:平成21年3月8日(日)
     a.m.10:00~p.m.14:00
     午前中は見学会、午後は報告会  
場  所:見学会は(有)三浦創建敷地内
     報告会は牧野公民館

詳しくはこちら
0308_annai.pdfをダウンロード

NPO法人伝統木構造の会広島支部立ち上げ発起人会の報告


去る平成21年2月19日(木)
広島商工会議所ビル7F 中国・地域づくり交流会サロン(706号)にて
p.m.18:00より、広島支部立ち上げ発起人会の第1回の会合を開きました。

話し合いの内容を報告いたします。

戸澤さんから頂いた、E−ディフェンス耐震実験のDVDを見た後で
議題に入りました。

一、会員を増やす(という意味になる?)支部結成という方向でなく、まず緩や
  かな会づくりを足がかりにしよう。
一、次回(三月19日同場所・同時刻)お集まりいただきたい方への「お声がけ」
  を分担。
一、「お声がけ」先候補、士会・工務店・大学教授・林業関係者など(県内に限
  定せず)
一、伝木の会本部へ対する上納金は無く、地域事務局への活動資金配分があるこ
  との確認。
一、「今回の実験は土壁の耐力試験に過ぎなかったのでは?」(←大橋教授の発
  言から推測)という参加者の意見について和談。(およそ皆の同意有り)
一、石場立て基礎と今回の実験の柱脚固定との違いと意味についての和談
一、NPOと国交省間における委託事業の実際例(NPO法人中国・地域づくり
  ハウス)の紹介
一、伝木が今後目指したらよいのではないかと思われる、受託事業へのアイデア。
一、今後住宅局とどう接していくのが良いのだろうか?に対する考察

以上です。
3月19日に第2回を開催することも決定しました。

                              報告者:伊藤

3月のNPO法人伝統木構造の会広島支部立ち上げ発起人会開催


2月に引き続き広島の伝統木構造の会の集まりを催します。

去る2月19日に行われた会合の議事録は委員会の報告に掲載しています。

自分たちを取り巻く環境と政策の変化に対応できるように
地域のみんなで情報交換のなどしています。

興味のある方、大歓迎です。まずは一度お越しください。

日時 03/19 (木)18:00〜
場所 広島商工会議所ビル7F 中国・地域づくり交流会サロン(706号)
会費 なし(コーヒー程度の準備はします。他に飲食ご希望の方は
   連絡いただければ別途実費で用意可)
世話人 伊藤

ご連絡はメールにて itoh★hsnt.jp ★の部分を@に変えて送ってください。

NPO法人伝統木構造の会広島支部立ち上げ発起人会開催


NPO法人伝統木構造の会広島支部 を立ち上げたいと考えています。
まずは数人の発起人会からはじめて、準備委員会を経て、秋頃までには立ち上げ
ることができるといいなと感じています。
県内でこのMLをご覧になっていらっしゃる方を中心に、
お集まりいただければ幸いです。
現在立ち上げていらっしゃるところ、これから立ち上げる予定のところ、の同志の参加は大歓迎です。

発起人会のお世話をいたしますのは
伝木の会会員(中国・地域づくり交流会会員、
NPO法人中国・地域づくりハウス理事)     伊藤 光恭です。
(参加をいただける方は伝統木構造の会の事務局までメールにて一報いただけると助かります。)

PS 会場は駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。市内電
車をご利用の場合「原爆ドーム前」下車すると目の前の黒い四角のビル。バスセ
ンターは徒歩三分。消え行く予定の市民球場隣ですので野球ファンの方は最後の
雄姿をごらん頂くことも出来ます。

日時 02/19 (木)18:00〜
場所 広島商工会議所ビル7F 中国・地域づくり交流会サロン(706号)
会費 なし(コーヒー程度の準備はします。他に飲食ご希望の方は連絡いただけ
   れば別途実費で用意可)
議題 
・支部立ち上げ準備委員会開催時期について
・準備委員候補について
・今後の予定について
・伝統木構造お知らせし隊(仮称)について
・E−ディフェンス実大耐震実験DVD上映
・その他

どんどんご参加ください。

伝木の会熊本/12月12日の報告


平成19年12月12日公開実験をおこないました、
仕口の違いによる強度差の実験です。報告会は第4回の会議にて。

第4回の会議のご案内
1月12日(土)16時〜18時
・実験結果の途中報告・北原教授
 たいへんおもしろい結果が出そうです。学者と実務者のコラボによるものです。
 梅田大工も納得!
・建築基準法改正の報告・古川
その他
・試験体造作作業1月13日(日)予定(大工さんの多数の参加をお願いします)
・試験体結果展示・くまもと工芸会館2月16日・17日
・2月末・一般公開実験(筋交いと貫の特性の違いを見せるものです)
 
古川保(伝木の会・熊本)(すまい塾古川設計室)
伝木の会熊本/12月12日の報告 写真01伝木の会熊本/12月12日の報告 写真01伝木の会熊本/12月12日の報告 写真03

伝木の会熊本/第3回報告


開催日:19年 10月 20日
参加者19名+学生3名

1、足固め・限界耐力計算の家の見学
  確認は6月20日前の確認。変更は禁物。
2、梅田大工は足固め。差し鴨居のミニュチュアモデルの組み立て。
  梅田大工は師匠の言うことを忠実に守りつづけています。田舎なので
  建築確認区域外の仕事が多いのです。しかし、最近都市計画の範囲の
  拡張で、出来なくなっているとのこと。
  猪が出る地域に、なにが都市計画でしょうか。
3、足固めの実験のモデル体の検討。
  県立大学で実験するフレームモデルです。
  限界耐力計算が出来なくなれば、水の泡。

古川保(すまい塾古川設計室)
伝木の会熊本 第3回報告 写真01伝木の会熊本 第3回報告 写真02伝木の会熊本 第3回報告 写真03伝木の会熊本 第3回報告 写真04