講習会(連続講座)

やさしく学ぶ「伝統木構法・限界耐力計算法」鳥取講習会


当講座は修了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
また、次回の開催をお待ち下さい。

仕様規定から性能規定へと移行した平成12 年の法改正により、建築基準法に
導入された「限界耐力計算法」は、壁量計算や金物使用という硬直な扱いで
縛られていた伝統木構造に、唯一合法的な道を拓いた計算法として評価され
ます。
これを踏まえて実践的に学べる連続5回の講習会を鳥取県倉吉市で企画いた
しました。
構造設計者はもちろん、木造の設計に関わる意匠設計者・現場監督・大工の
皆様も奮ってご参加下さい。

受講をご希望の方は申込用紙に必要事項をご記入の上、
平成20年12月25日までに
FAX 0858-22-5075
まで、お申し込み下さい。
お問い合わせ:特定非営利活動法人伝統木構造の会鳥取事務局
鳥取県倉吉市湊町283
TEL:0858-22-5070 FAX:0858-22-5075
申込用紙はこちら。genkai_kozokousyuTotori2008_1.pdfをダウンロード

《概要》
  日程:(5回の連続集中講義です。一講座3時間CPD対象講座)
     1-2)平成20年1月20日(日)午前9時〜午後4時
                2講座初回のみ午前・午後講義します。
      3)2月16日(土)午後2時〜午後5時1講座
      4)2月23日(土)午後2時〜午後5時1講座
      5)3月 8日(土)午後2時〜午後5時1講座
  会場:新日本海新聞社中部本社2Fホール
       倉吉市上井町1丁目156
     (倉吉体育文化会館前倉吉駅より徒歩10分)
  講師:玉腰徹(司構造計画)NPO法人伝統木構造の会専任講師
募集人数:40名程度
 参加費:(連続講義5回分一括)会員19,500円(テキストA・B含む)
     (テキストB所持の方15,000円)
     一般22,000円(テキストA・B含む)(テキストB所持の方15,000円)

(さらに…)

実務に学ぶ「伝統木構法・限界耐力計算法」東京講習会


当講座は修了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
また、次回の開催をお待ち下さい。

仕様規定から性能規定へと移行した平成12 年の法改正により、建築基準法に
導入された「限界耐力計算法」は、壁量計算や金物使用という硬直な扱いで
縛られていた伝統木構造に、唯一合法的な道を拓いた計算法として評価され
ます。
昨年度、当会ではその基礎を学ぶ講習会を開催しましたが、今年度はその続
編として、増田建築構造事務所が設計した実例を題材に、より実践的に学べ
る連続5回の講習会を企画いたしました。
講義においては、これ以外の構造計算法(エネルギー法等)の概略について
も解説していただく予定です。
構造設計者はもちろん、木造の設計に関わる意匠設計者・現場監督・大工の
皆様も奮ってご参加下さい。

受講をご希望の方は申込用紙に必要事項をご記入の上、
平成20年1月20日までに
FAX 03−3375−8447(伝統木構造の会事務局)へお申し込み下さい。
申込用紙はこちら。genkai_kouzoukousyuu2008_2.pdfをダウンロード

《概要》
日程(5回の連続・集中講義です。時間はいずれも午後6:30〜9:30)
平成20年  2月1日(金)木造構造計算概論
      2月15日(金)限界耐力計算法-1
      2月29日(金)限界耐力計算法-2
      3月14日(金)限界耐力計算法-3
      3月28日(金)その他の構造計算法(エネルギー法等) 
            (別途、見学会も企画中です)
参加費:(連続講義:5回分一括)会員15,000円、非会員25,000円

(さらに…)

東海地区講習会のご案内


当講座は修了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
また、次回の開催をお待ち下さい。

「法改正後の木構造計算の流れ」

■第3回平成20年1月26日(土)

「限界耐力計算と許容応力計算の関係①」

■第4回平成20年2月23日(土)

「限界耐力計算と許容応力計算の関係②」

■第5回平成20年3月22日(土)

「まとめ・実力試験」

■伝統木構造の構造設計研修申込書

1.pdfをダウンロード

東海地区講習会のご案内


伝統木構造の構造設計研修<東海事務局企画>

連続講座

■第1回 平成19年11月17日(土)

「限界耐力計算法の復習」

■第2回平成19年12月8日(土)

「法改正後の木構造計算の流れ」

■第3回平成20年1月26日(土)

「限界耐力計算と許容応力計算の関係①」

■第4回平成20年2月23日(土)

「限界耐力計算と許容応力計算の関係②」

■第5回平成20年3月22日(土)

「まとめ・実力試験」

■伝統木構造の構造設計研修申込書

1.pdfをダウンロード

■ちからとかたちを考える<架構学>講座 オリエンテーション


 ちからとかたちを考える<架構学>講座に先駆けて、どなたでも参加できる、オリエンテーションを行います。48回講義の前のプレ講義として、また申し込みをご検討頂く機会としてご活用ください。

日 程:平成19 年9 月22 日(土)
     午後2 : 00 ~ 3 : 30(1 : 30 受付開始)
場 所:東京製図専門学校15 号館2F(1521 教室)
     新宿区百人町1-16-26
     注:駅前にある14 号館ではなく、裏の15 号館です。
     総武線大久保駅南口徒歩数分)
参加費: 1,000 円(会員 非会員 学生共)

■2007.9/22 オリエンテーション申込書
kakougaku-ori.pdfをダウンロード

ちからとかたちを考える<架構学>講座のご案内


ちからとかたちを考える<架構学>講座
特定非営利活動法人伝統木構造の会

 9 月29 日(土)よりスタートする、2年間合計48回連続講座です。伝統木造の合理性をこよなく愛する本会会長、構造設計家 増田一眞がお送りする、構造の合理性を理解しセンスを磨くための連続講義です。ご期待ください。

開催日:毎月第2、第4 土曜日の開講時間は午後2:00~5:00
期間  :1期(半年間)で12回 × 4期(2年間)で合計48回
受講料:1期あたり  会員24,000- 学生12、000-
     2年分一括 会員96,000- 学生48、000-

*架構学講座は、申込者がほぼ定員に達しましたので、申し込みをいったん締め切りたいとおもいます。受講検討中の方は、9/22のオリエンテーションに参加されるか、直接事務局にお問い合わせください。

<第2回目講座(10月13日第2土曜日)より講習会場を変更します。>
第1回目( 9/29)のみ 浜松町駅前社務所兼芝浜4丁目町会会館
第2回目(10/13)のみ 東京製図専門学校14号館2階
第3回目(10/27)以降 東京製図専門学校15号館2階

※東京製図専門学校 新宿区百人町1-16-26
 JR総武線 大久保駅前にある14 号館および裏の15 号館です。
 なお、講座開始時間の変更等はありません。

■ちからとかたちを考える<架構学>講座 申込書
kakougaku-order.pdfをダウンロード

(さらに…)